ユニクロ水着は成功するか?

ユニクロ水着は成功するか?

【価値】ほどよくおしゃれで品質がよいこと

ユニクロの成功パターンは、実ターゲットとして最終的にはシニア世代も含めたファミリーに広がりを持たせ、価値としては量販店・スーパー以上、百貨店・専門店未満のポジションに立ち、ターゲットにまとめ買いをさせることにあるのだろうと思います。そうでないとこれだけの多店舗展開では数がさばけませんし、生産モデルの優位性が最大化されないからです。

今回の水着も、ほどよくおしゃれで品質もよさそうです。フリースが流行ったときも、量販店・スーパーのものよりは価格は高かったですが、品質やデザインがそれ以上に良かった。そしてコミュニケーション(CMなど)も鮮烈でした。そういった要因から広いターゲットに爆発的にヒットしました。その後は自ら市場成熟を早めたので、既存店の売上が低下しました。

ユニクロが下着を出した時は、ファミリーに広がりにくい商材なのでどうかなぁ…。と思っていたのですが、水着は結構イケるのかもしれません。夏休みの学校行事や部活、家族のレジャーなどにシーンを絞り、店舗やメディアで上手く訴求すれば販売効果はあがりそうです。

フリースで日本全体のカジュアルシーンを高めたユニクロ。ユニクロも含めたすべての水着メーカーが日本の夏休みを彩ってくださることを期待したいと思います!
| 水着

ユニクロの水着を買いそうな人とは?

ユニクロの水着を買いそうな人とは?

【価格】相場は6,000〜12,000円前後

女性用水着の場合、相場は6,000〜12,000円前後といったところです。それに比べれば、ユニクロ水着は1,000〜2,990円ということなので、破格に安いです。この価格で他メーカーが追随しようとすれば、ユニクロと同じ生産モデルを構築せざるをえない上に、現在主力で売っている1万円前後の商品にあまりよい影響を及ぼしそうにありません。価格ではユニクロに勝算がありそうです。


【ターゲット】ユニクロの水着を買いそうな人とは?

水着の市場規模は1,100億円といわれます。ユニクロは最低でもシェア5%を目標にしているのだそうです。つまり55億円。仮にユニクロ水着の平均単価を1,500円とすると、約370万枚販売する計算になります。これまでの水着市場を支えてきたのは、水着をファッションと捉える女性層です。化粧品があまり安いと売れないように、水着もファッション重視のターゲットにとっては、繊細なデザイン・着用感・フォルムなどが求められるので、セカンド水着としてはありえそうですが、メイン水着としてユニクロの水着に手が伸びるかどうかは何ともいえないところです。



それではユニクロ水着をメイン水着として、誰が買うのでしょうか?
実ターゲットとして考えられるのは、むしろこれまで購入喚起されていないファミリー層かもしれません。現に子供用の水着も販売するとのこと。雰囲気としては、子供の教育費や住宅ローンなど他の支出がかさむ中、夏休みに海水浴場に遊びにいく小さなお子様連れのご家族の風景が実際のコアターゲットとして浮かんできます。

また夏休みは公営施設・学校・遊園地などでもプール開放がありますから、スクール水着では飽き足りない子供たちとその親が、ユニクロの水着を着用する可能性もあります。遊泳用だけでなく競泳用も販売しているあたりに、部活などの学校シーンも想定した戦略意図が伺えます。

ただ、コミュニケーション戦略上は、若い男女の着用シーンを中心としながら、その周りに子供やミドル・シニア層を置いていくといういつものユニクロ戦略をとっています。

そういった意味では、既存市場に参入するというよりは「ニューファミリー水着市場」という新たな市場を開拓できる可能性があります。意外と化けるかもしれません。
| 水着

今度は水着!

今度は水着!
カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは13日、今夏から水着市場に新規参入すると発表しました。価格は1,000円(税込み)から2,990円(同)と“ユニクロ流”の低価格です。発売するのは、男性と女性、子供向けの計26タイプで、色は黒や赤、青など3〜6色。

今後の行方は? ケータイがインナー(下着)を侵食しているこれは某大手インナーメーカーの方からお聞きした話ですが、若年層においては、携帯電話の通話料・パケット料が1万円を超えるケースも多いため、その分インナー(下着)の支出が控えられているというのです。そうした背景から、ユニクロは水着の前に、下着も発売したのでしょう。水着の場合はどうなるのでしょうか?。

ワコールやトリンプといった大手メーカーも既にそのことは分かっていて、低価格帯のブランドを直営店スタイルで立ち上げており、ユニクロ下着ともさほど大幅な価格差はない状況にあります。さて、この水着戦略。

デザインはシンプルなもので統一し、遊泳用だけでなく競泳用もそろえ、17日からインターネットで先行販売し、19日から全国の主要100店で発売。5月17日からは全634店で販売されます。

| 水着

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。