100万円の投資はたった二年で6000万円に!

100万円の投資はたった二年で6000万円に!

短期間で億万長者 この275円で購入できるとその後は2000年年末にはなんと16100円ですから約100万円の投資はたった二年で約6000万円となりました。

いかに将来を先読みしながら優良な銘柄を安いところで購入しようという姿勢が大きなリターンを生み出すのかの実例です。

2008年現在、将来をにらみますと2010年の上海万博やユビキタス時代の到来、、新興諸国の勃興、環境問題、新エネルギーなどなどが大きなテーマになるのではないでしょうか?サブプライムローン問題や中国のA株問題などが今後どのように波及していくのか?中国株も当然ですが、先行して下げてきた日本株には特に魅力ある銘柄が多く、激安値で購入できるチャンスかも分かりません!。

今の中国株のパフォーマンスが紫金鉱業ですら、二年で20倍程度です。


ユニクロは61倍、ソフトバンクは66倍!

たった二年で資産は60倍へ
以下、97年の高値→98年安値→99年12月から00年2月までの高値です。

■ユニクロ(ファーストリテイリング)
895円→263円→16100円(分割考慮済み株価、以下同様)(安値から61倍)

■ヤフー
630万円→390万円→1億6,790万円(安値から43倍)

■ソフトバンク
11900円→2970円→198000円 (安値から66倍)



暴落局面
例えば、一番上のユニクロの例ですと97年の高値は895円(株式分割調整後の株価、以下同様)でした。それがアジア通貨危機やLTCM破綻など株式環境の悪材料と共に売られて、263円まで急落していきます。

この過程で、実際のユニクロはまさに出店攻勢を欠け変換期を迎えていたにもかかわらず需給で下がりました。1997年の6月高値から1998年の6月安値まで一年間は全くいいところなし、逆に絶好の買い場を提供したのでした。


絶好の買い場の期間はたった6日で嵐のように過ぎ去る
しかし、この買い場も安値近辺の275円(その当時の株価1100円)以下で購入できた期間はたったの6日間でした(もちろんこの安値近辺と言うことですともっとチャンスは広がります)。

劇安値で購入できる期間は非常に限られており、一瞬で過ぎ去ってしまいます。しかしこのような激安バーゲンセール状態の株価で購入できる期間に購入できると大変なパフォーマンスをあげることができる好例なので挙げました。

今度のユニクロは色で勝負

今度のユニクロは色で勝負
ユニクロでは、フリースジャケットのほか無地トレーナー16色、コットンVネックセーター12色とカラーバリエーションに力を入れている様子。ネット販売開始後ある色が早くも品切れになってしまいました。51色のカラーバリエ作戦ユニクロといえばフリース。これからの季節、晴天の日にはインナーの素材を軽くすれば春らしくなるでしょう。もう一つ、オンラインショッピングではよくあることなのですが「商品の色が画面の見た目と本物では違うかもしれない、最初はハズレのない黒を選ぼう」という裏の心理も働いていたに違いありません。頑張って51色も揃えたのに結局黒だったなんて。逆にいえばネットで何かを売ろうと考えるなら、慎重なユーザ心理を考慮して黒、白、紺、赤などその商品の定番色をはずさないことです。もっと個性的に決めたいならもっと大胆に、明るい色のインナーやアクセサリーを合わせてジャケットの前は全開に。

もともとカジュアルウエアだから少しくらい派手な配色でもかえって元気に見えます。黒い線はインナーと合わせたときに「セパレーションカラー(分離色)」の役割を果たしジャケットとインナーの繋がりを分断していました。ジャケットがどんな色であってもインナーの色は、黒またはグレー。 ジャケットと同系色で調和させる。 濃い色のジャケットx白のインナーのいずれかを選ぶとカッコイイ。最初は強めのカラフルな色を送り出し、後半からパステル調のやわらかな色を追加。黒は1999年秋冬から2000年春夏と続く流行色でしたし、TPOや年齢性別を問わない定番色でもあるからです。それは何色でしょう?51色の中のある1色ですよ。着こなしのポイントは、とにかくインナーとの配色を楽しんで!ジャケットは同じでもインナーの色を大きく変えるだけで印象ががらりと変わります。ハイネックを出すかジッパーを少し下げてインナーを見せ、ボトムはモノトーンやベージュなどベーシックな色で。

。そこで今度のユニクロは色で勝負!昨年10月から今年1月まで、一気に全51色のフリースを投入。店舗では基本色に加え毎週新色3色ずつ1週間の限定販売、1月までに全色が揃うという作戦でした。おそらく二度目からは本命の色を注文したはず。これがなくなったことでより自然にダイレクトに色合わせできるようになりました。でもこれ全然おかしな話ではありません。ネット人気色は意外なあの色?...なんとネット人気色は黒でした。

ネットでは51色同時販売。ちなみに基本15色は、モノトーンやベージュなどのベーシックな色(5色)、渋めのダーク調(5色)、やや色味を抑えた赤、橙、黄、青、紫(5色)で構成されています。それでは、ここで問題です。これらはフリースジャケットを一番キレイに見せる方法で、ユニクロのTVCFやカタログでよく使われているテクニックです。とどまるところを知らないユニクロ旋風ですが、あまりにも爆発的に売れたため、街では同じ服を着た人がいそうで着るのをためらっているという声がちらほら。私達もどんどん色の組み合わせを楽しまなきゃ。黒orグレー、同系色、白が狙い目新しいフリースジャケットは、襟ぐりからフロントジッパーにかけてのあの黒い縁取りがなくなり、スッキリとより着回ししやすくなっています。

ユニクロのポスターがクリーニング店にあった理由

ユニクロのポスターがクリーニング店にあった理由
(ちなみに私の通ったクリーニング店には2枚とも貼られていた)。ユニクロは、クリーニング関連団体を通じて、先のポスターと合わせて、エアテック製品の望ましいクリーニングの方法とユニクロ生産部門の問い合わせ先を明記したポスターをクリーニング店に配布していたようである。しかし、ユニクロはこれだけでは終わらなかった。ユニクロが昨年の秋から冬にかけて発売した「エアテックジャケット」。

飛ぶように売れた。エアテックジャケットを購入した顧客にとってみれば、製品自体は気に入っているし、問題があるわけでもない。このポスターの作り主は誰か?クリーニング店ではない。そして、家までの帰り道、クリーニングに出せなかったエアテックジャケットを手にしながら、「まったくユニクロは面倒なことをさせやがって!」と、エスカレートしないとも言い切れない。

(言い換えれば、ユニクロの顧客のなかでも、ロイヤリティの高い顧客ほど、上記の行動に出る可能性が高い)その時、クリーニング店が、クリーニングの仕方が分からずに戸惑ったとしたら、顧客はどう思うであろうか?「せっかくエアテックを買ったのに…」とがっかりしてしまうのではないか。だから、「エアテック製品のクリーニングは当店にお任せ下さい」なのである。ユニクロのポスターがクリーニング店にあった理由「ユニクロのエアテック製品のクリーニングは当店にお任せ下さい」いつも通うクリーニング店で、こんなポスターを見かけた。しかし、“家庭で洗濯できる”はずだったのが、ご存じの通り、家庭用洗濯機でトラブルがあるとの苦情が発生し、ユニクロは新聞広告でのお詫びや、テレビでのインタビューを受けるなどの対応に追われた。

間違いなくユニクロであった。「ただ、洗濯をしようとする時に家ではできない」それだけが唯一のネックであった。本当にエアテックジャケットを気に入っていた顧客であれば、当分は着たいと思うので、クリーニング代を惜しんでも、近くのクリーニング店に出しにいくであろう。

トラブルをブランド価値に変換できる組織感受性

トラブルをブランド価値に変換できる組織感受性
ユニクロは、製品の使いやすさを100%満たすことはできなかった。クリーニング店にしてみれば、ポスターを店先に貼ることで、“ユニクロ製品を取り扱える店であること”が表明でき、顧客にお店としての安心感を提供することができる。実は企業におけるマーケティングを推進する上で、最も重要なのが「組織感受性」なのである。

トラブルをブランド価値に変換できる組織感受性お気づきだろうか?ユニクロは、クリーニング店に向けた一連の活動を通じて、顧客とクリーニング店に対する企業ブランド価値を高めたのだ。明確なビジョンや戦略が必要条件であるとすれば、それを継続的に行動に翻訳できうる組織感受性は企業価値の維持・向上における十分条件といえるであろう。しかし、その後の活動により逆に企業のブランド価値を高めることができた。

顧客にとってみれば、「当店にお任せください」と書かれてあり、しかもユニクロが推奨するクリーニング方法で必ずやってくれるというのであれば、まずは安心である。私は商品や店舗、コミュニケーションなどの戦略以上に、ユニクロのもう一つの強みを“組織感受性”に感じた。

決して、作って売りっぱなしの企業体には見られない顧客本位の姿勢が、組織全体の感受性を育んだのである。また、エアテック製品を持っていない顧客であっても、“ユニクロはここまで顧客の面倒を見てくれる企業なのか” と認識する。

ユニクロ、1兆円に向け中国工場を確保

ユニクロ、1兆円に向け中国工場を確保
ユニクロのHPで少し調べて見ますと、ユニクロ事業単体の2007/08の売上高は約4,400億円で仕入額は約2,400億円です。米国でも90年代のギャップ、リミテッド成長時代に同じようなことがあったような記憶があります。ユニクロの商品が全て輸入品でないにしてもその影響力の大きさは大変なもので、更に2年後に売上1兆円を目標を掲げておられますので、仕入は急速に増加するはずです。

4月2日の日経MJにファーストリテイリングが2010年の売上高1兆円をにらみ、中国の工場を資金供与や発注量保証などで囲みこみに入ったとの記事が掲載されていました。そして、国内アパレルや小売業は自社で在庫リストをもつSPAでしか生き残る道はないのでは、と思えます。これに対して、財務省が発表した2007年のアパレル輸入額は2兆6960億円とされています。

もしそうでなければ、コストメリットを追求するのは大企業に任せ、顧客の声を反映することに資源を集中していくべきではないかと思います。中国の良い工場が全て彼らに押さえられてしまい、低価格販売していた同業者は調達困難となり、その結果、吸収、合併が進み、大手2社による寡占化が進んだと記憶しています。

今回もこれに似たようなことになるのではないでしょうか。この記事を見て、低価格アパレルをメインとしている企業の淘汰が急速に進むのではないかという大変大きな脅威を感じました。

ユニクロ&無印良品はネットで購入がお得

ユニクロ&無印良品はネットで購入がお得
「新聞の折り込みチラシを見てお買い物した方がお得」と何となく思っていませんか? でも、実はユニクロはオンラインストアでの平日お買い物のみ割り引き価格が適用される、平日のお得なまとめ買いプランを提案しています。この企画、対象ポロシャツ、スモック、パンツなどが3点で2,400円(800円/1点)になったり、シンプルなTシャツが3点990円(330円/1点)で購入できたりと、かなりお得感が味わえます。画像でご紹介するような、オンライン限定商品も多数。必要な品を家でゆっくりお買い物できるのは嬉しいですね!

そして無印良品も、ネットストアでのお買い物に多数特典を付けています。まず店舗では20,000円以上の購入で送料が無料になるところ、Muji.Net(無印良品ネットストア)の会員になると、5,250円以上の購入で送料が無料に。登録料は無料で、初回登録時に500円割引クーポンも配布されるし、会員限定のファクトリーアウトレットも用意されているので、よく店舗に足を運ぶ方はネットストアもチェックしてみて下さいね。

汗をかいたら、こまめに着替えたいこれからの季節。梅雨も間近だし、通園・通学用の洋服は沢山あるに越したことはないですね。保育園・幼稚園・小学校などに通うと、自分でお着替えしなくちゃならないので、出来るだけ着替え易いシンプルなベビー子供服を用意してあげたいもの。そして汚れても気にならない様、リーズナブルに購入できるといった点も大事ですよね!

ガイドも買い物に行く時間がない時など、本当に助かっている「ユニクロ」「無印良品」のネットショップ。まるで店舗に行ったかのように、買い物できるのは嬉しい限りです。まだまだおすすめはたくさんあるので、ぜひ画像ギャラリーをご覧くださいね!

注目のベビー子供服ブランドを、メールマガジンでもお伝えします!「ベビー子供服」ガイドのメールマガジンご購読を希望される方はこちらからご登録くださいね。

インタラクティブ部門でグランプリを受賞

ユニクロが07年6月からグローバルプロモーションの一環として展開する「UNIQLOCK」が世界3大広告賞のひとつである「クリオアワード」のインタラクティブ部門でグランプリを受賞した。同じく世界3大広告賞のひとつである「ワンショウ」のインタラクティブ部門でのグランプリに続く2冠達成となる。

東京・上野の古着店の店員は嘆く。矢野経済研究所によると、国内メーカー系カジュアル大手16社の平成18年業績売上高は前年から99億円減の1611億円。老舗ブランドは新商品開発で不振を脱出しようとするが、伝統にしばられるジレンマあり、業績好転は簡単でない。

日本ジーンズメーカー協議会は「ジーンズ人気は周期的に波があるが、老舗メーカー不振は今までになく深刻」と危機感を持つ。リーバイスやエドウィンなどメーカー系の伝統ブランドが不振に陥り、代わって「お兄系」と呼ばれる若者に流行中の国内メンズ新進ブランドや、手頃な価格で人気のユニクロなど小売り系ブランドが躍進を続けている。同研究所の平野哲郎研究員(59)は「消費者のセンスが成熟、老舗のブランド力が以前ほど力を及ぼさなくなった」と分析する。

デニム業界に異変が起きている。伝統ブランドにこだわるのは40代以降の男性」。前年比で8・2ポイント減となり、過去5年間で最も落ち込んでいる。

特に老舗の落ち込みが顕著で、最大手のエドウィンが10億円減、2番手のリーバイ・ストラウス・ジャパンが28億円減となった。「ここ数年、20代のお客さんが大きく減った。

お出かけの洋服

1.近所の買い物はユニクロとかカジュアル系でラフな格好です。GAPとか。

2.お出かけ時はちゃんとします。ブランドはその年により好みが変わるので一概に言えないですが…。
今思いつくのは…シビラ、ソニアリキエル、MAX&Co、ステファネル、TABASA…などなど。バラバラ…。

3.上のブランドだけでもバラバラですね…。いろいろな格好をします。トラッド系だけはないかな…。キャラに合わないので。
あと、流行アイテムのひとつは「はずす」ことにしてます。ここのところなら…レギンスはパスしてます。
持ってますけど、おうち専用です。

なによりも、自分に似合う、を一番大切にしています。
だから近所のスーパーの服も買います。似合えば良いので〜。

広辞苑

ユニクロは、『広辞苑』で使用されている挿絵を採用した『広辞苑』Tシャツ10柄を、1月11日(金)から、ユニクロのTシャツ専門店「UT STORE HARAJUKU.」や、ユニクロの通販サイト「ユニクロオンラインストア」で限定販売します。
 『広辞苑』Tシャツは、「国語+百科」辞典の最高峰『広辞苑』(岩波書店刊)の、10年ぶりの改訂を記念して販売するものです。
 言葉だけでは表現しきれないものを、分かりやすく独特のタッチで描写した挿絵は、掲載された言葉への理解を深めるだけでなく、親しみやすさを与えてくれています。
 今回デザインした『広辞苑』Tシャツ10柄は、『広辞苑』の改訂版(第6版)が10年ぶりに刊行されることを記念して制作しました。
 採用したTシャツの柄は、『広辞苑』の中で使用されている、言葉だけでは表現しにくいものを分かりやすく伝えるための挿絵がモチーフになっています。辞典の挿絵は、ただ見た目通りに写したものでは不十分で、正確で分かりやすいことが必要とされます。何枚もの資料写真から特徴を的確につかみ取り、適切な強調と省略のメリハリをつけて描かれます。こうして描かれた挿絵は、写真に勝る情報量を持っており、イラストとして見ても完成度の高いものです。
 『広辞苑』の改訂版(第6版)には、総数約2800点の挿絵が掲載されており、その中から和のテイストを持っている挿絵を中心に、知っているようであまり知られていない事物の挿絵を、Tシャツの柄として選び出しました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。