今度は水着!

今度は水着!
カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは13日、今夏から水着市場に新規参入すると発表しました。価格は1,000円(税込み)から2,990円(同)と“ユニクロ流”の低価格です。発売するのは、男性と女性、子供向けの計26タイプで、色は黒や赤、青など3〜6色。

今後の行方は? ケータイがインナー(下着)を侵食しているこれは某大手インナーメーカーの方からお聞きした話ですが、若年層においては、携帯電話の通話料・パケット料が1万円を超えるケースも多いため、その分インナー(下着)の支出が控えられているというのです。そうした背景から、ユニクロは水着の前に、下着も発売したのでしょう。水着の場合はどうなるのでしょうか?。

ワコールやトリンプといった大手メーカーも既にそのことは分かっていて、低価格帯のブランドを直営店スタイルで立ち上げており、ユニクロ下着ともさほど大幅な価格差はない状況にあります。さて、この水着戦略。

デザインはシンプルなもので統一し、遊泳用だけでなく競泳用もそろえ、17日からインターネットで先行販売し、19日から全国の主要100店で発売。5月17日からは全634店で販売されます。

| 水着

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。