ここからが腕の見せ所

ここからが腕の見せ所
飽きがきそうなお客様に、もう1度スターバックスで味わえる楽しみを提供する仕掛けが必要なのです。既存店はある程度リストラせざるを得ないでしょうが、それでは根本的な問題解決にはなりません。企業として長生きするためには、ある時は親しまれ、またある時はユニークだったり・・。面白みを感じない。そう言う人に限って1号店に真っ先に行った人だったりします。

正直いって限界あります。しかし陳腐化してますから「あまり魅力を感じない」という層も増えてきます。これはスタバだけでなく全ての業界に共通していえますが・・・。「分かる人は、こうしてスタバスタイルを楽しんでいます」という仕掛けが必要です。

人生と同じだったりするわけです。ここからが腕の見せ所どのくらいの店舗数が適正なのか?それは目指すべき企業人格によって異なります。スターバックスでいえば、今は店舗を増やしすぎて、誰からもそれなりに親しまれつつあります。特定の人と分かり合っている雰囲気は、潜在的にそうありたいと思う人をすごく惹きつける力を持っています。

(ただの口コミに頼るパブリシティではなく)新商品だけでの既存店活性化。良くも悪くも・・・。例えば同じレストランを紹介するのでも、「プロの料理人が選ぶ隠れた名店」とか「Oggiセレブの12月のレストラン予約帳」とか言われたほうがグッときませんか?スタバに今必要なのは、新たな店舗ではなく「戦略的パブリシティ」でしょう。誰からも親しまれたいのか?→おつきあいの幅特定の人と分かり合いたいのか?→おつきあいの深さこの一見矛盾した2つの問いかけへのバランスをどう保ちたいかです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。